• ホーム
  • 生活習慣の改善が中折れ防止に繋がる?

生活習慣の改善が中折れ防止に繋がる?

2020年03月29日
考えている男性

セックス中の中折れは男性にとっては恥ずかしいという気持ちだけではなく、相手の女性に対して申し訳ないという気持ちを持つ場合も少なくはありません。
デリケートな問題であるため、他の人に相談することが出来ずに一人で悩んでいるという人も多いようです。

そこで、セックス中の中折れを防止する方法として、生活習慣を改善するという方法があります。
中折れの原因となることとして、暴飲暴食や睡眠不足・喫煙・過度の飲酒などの生活習慣の乱れが挙げられます。
この中でも特に中折れの原因となることとして、睡眠不足・日々の疲れ・喫煙があります。
生活習慣が乱れた状態が続くと、全身の血行が悪くなり、EDになりやすくなります。

生活習慣の乱れだけではなく、オナニーをやりすぎていることが中折れの原因となっていることがあります。
オナニーを頻繁に行うと、その快感に慣れすぎてしまい、セックスの刺激が物足りなく感じられてしまいます。
もし、オナニーのしすぎが原因で中折れが起こっているようであれば、それをやめることで、悩みを解消することが出来るでしょう。

運動不足や乱れた食生活、喫煙習慣があるという生活習慣の乱れが原因で中折れ、EDとなることもあります。
このような生活習慣の乱れは高血圧や糖尿病などの生活習慣病につながる可能性があります。
生活習慣はすぐに改善することが出来るわけではありませんが、無理のない範囲で徐々に改善をすることで、良い結果を得ることが出来ます。

中折れの原因は身体的なものばかりではなく、心因性のものもあります。
セックス中に一度でも中折れを経験すると、その不安やプレッシャーから性的興奮が続かずに途中で勃起が鎮まってしまう、いわゆる中折れ状態となります。
特定のパートナーにだけ性的興奮を覚えないという場合も心因性のEDに分類されます。
いずれにしても、まずは自身の中折れの原因を知るということが、中折れを防止するためには大切です。

中折れ防止にはストレス解消が大切?

中折れを防止するための方法は複数ありますが、心因性の場合はイメージトレーニングとストレス解消によって悩みを解消することが出来る可能性があります。
イメージトレーニングでは、中折れの不安を解消するためにも、セックス時に緊張をしないようにリラックスをしましょう。

仕事が忙しい・時間がないなどのストレスを抱えている場合、軽い運動を行うことでストレスを解消することが出来ます。
身体を動かすことによって、全身の血行を良くする効果も期待することが出来ます。
PC筋や大臀筋・大腿四頭筋などの下半身の筋肉を鍛える筋トレは勃起力を高めるためにも有効です。
筋トレは自宅でも行うことが出来ますので、時間のある時に行うようにしましょう。

普段、運動をする習慣がないという場合、いきなり筋トレを行ってしまうと身体に負担がかかりすぎてしまう事があります。
そのような場合には、身体に負担の少ない有酸素運動を取り入れると良いでしょう。
いつも通っている道も歩いて移動することで、異なる雰囲気を感じることができストレス解消にも繋がります。

生活習慣の改善や筋トレの効果はすぐに現れるものではありません。
すぐにでも中折れを防止したいという場合には、ED治療薬を使用するという方法があります。
ED治療薬は病院で処方してもらうことが出来ます。
海外から個人輸入という方法で購入することも出来ますが、手元に届いたものが必ずしも本物であるとは限りませんし、誤った方法で服用すると、重篤な副作用が現れる可能性もありますので、病院で処方してもらうことをおすすめします。

ED治療薬を使用するということに対して、抵抗を感じるという場合には、効果は劣りますがサプリメントを利用するという方法もあります。
亜鉛やアルギニンなどの勃起力回復に効果が期待されるサプリメントを選ぶようにしましょう。