• ホーム
  • バイアグラの効果と服用方法

バイアグラの効果と服用方法

2020年03月12日
OKサインを出す様子

バイアグラは1998年にアメリカの製薬会社ファイザーで開発・製造されたED治療薬です。
有効成分はシルデナフィルで、勃起を抑制する酵素の働きを阻害することができます。
陰茎周辺の神経に作用し血管を拡張することによって効率よく陰茎の血流をスムーズにすることが可能です。
勃起不全は勃起を抑える酵素作用によって引き起こるので、シルデナフィルの酵素を阻害する作用が有効的に働き中折れなどの症状も改善することができます。
シルデナフィルは肺動脈性肺高血圧症などの治療薬として利用されていて、そのためバイアグラはED治療はもちろん幅広い分野において注目されています。

正しい服用方法は空腹時に服用することで、性行為1時間前に服用すると最大限に効果を発揮することが可能です。
バイアグラの成分シルデナフィルは血液に吸収されることによって作用されるので、バイアグラを食後に服用すると胃に付着した物からの油膜によってシルデナフィルが取り込まれそのまま排出されてしまいます。
効率良く効果を実感するなら食前に服用する方が良いでしょう。
食前でもバイアグラの効果を期待することはでき、例えば服用する前にフランス料理や焼肉といった油分の多い物を摂っている場合、食事から2時間経つと胃の中が空になると言われています。
油分の多い食事の後は2時間経っても胃に油膜がある状態のままなので、最低6~7時間経過しないとバイアグラの効果を期待することはできないので注意が必要です。

バイアグラの効果を向上したいなら食前の空腹時がおすすめです。
食後に服用するなら消化が良かったり腹6分目~7分目ぐらいが良いでしょう。
性行為1時間前に服用すると、服用した後40分で症状が生じてきます。
1時間後にピークが来るので、その後効果が低下していき3~4時間経過すると半減期が現れます。
いくつか副作用がありますがこれらは一時的なもので心配ありません。
ED症状や中折れなどに効果を発揮することができるので便利です。

バイアグラはどこで手に入る?

バイアグラを国内で購入する場合、ドラッグストアや薬局では買うことができません。
日本では泌尿器科や内科などのさまざまな病院で取り扱っていて、バイアグラは基本的に保険適用外になるのでメンズクリニックなどで購入する人が多くいます。
バイアグラなどのED治療薬は基本的に処方箋が必要で、病院に行き医師と相談してから入手することが可能です。
もともと狭心症の薬として開発・製造されたので心臓病の人が服用すると危険なことがあり、副作用もあるので医師の診断が必要です。

新橋ファーストクリニックでもバイアグラを処方していて、診察の内容はほぼ問診になります。
服を脱ぐこともなく、何が原因でED状態になったのか問診することから治療を始めます。
問診の返答などを聞いてから医師の判断の元処方される仕組みです。
新橋ファーストクリニックでは親身になって話を聞いてくれるので相談しやすいと言われています。

ED治療の第一選択としてバイアグラは有名で、バイアグラを服用した後で再び医師の診察を受けるようになります。
医師は服用した後にきちんと反応しているかを確認し、薬の効き具合などから根本原因を探るのです。
病院でバイアグラを入手するとやや費用が高くなりますが、いくつかメリットがあります。
例えば医師の元で安心して治療することができたり、薬の服用方法や使い方などに関してアドバイスを受けることが可能です。
医師に相談することによって気持ちが楽になるなどの利点があり、医師は一人ひとりのED症状や病歴、服用している医薬品やアレルギー、生活習慣病などに関して質問し、その返答から最適な治療方法を提案してくれます。
ネット通販を利用して購入するよりやや高い費用になりますが、万が一の場合きちんと対処することができたり服薬以外にもいろいろな治療法を提案してくれるでしょう。